出会い結婚相談|結婚占い六本木ミッドタウン傍




***************************************************
対面カウンセリングと電話相談があります、
共にお電話で予約をお願い致します。
サロン 東京都港区赤坂9-6-28 
アルべルコ乃木坂
   TEL 090-8805-8765  
ご予約受付時間 AM10:00~PM23:00
営業時間     AM11:00~PM24:00
詳細や料金は自社サイト下記から参照下さい。
(宗教・医療・販売は致しません)
***************************************************
アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。受け取るよりも多く、相手に与えること。幸福になる唯一の道である。

 「悲しいから涙を流すのではない。相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ」

 「カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。相手を支配するために、怒りという感情を創り出し利用したのだ」

 「子供は感情でしか大人を支配できない。大人になってからも感情を使って人を動かそうとするのは、幼稚である」

 「人はライフスタイル(=性格)を10歳くらいまでに、自分で決めて完成させる。そして、それを一生使い続けるのだ」


 「幸福な人生を歩む人のライフスタイル(=性格)は、必ずコモンセンス(=共通感覚)と一致している。歪んだ私的論理に基づく性格では、幸せになることはできないだろう」

 『子供にとって家族は「世界そのもの」であり、親から愛されなければ生きていけない。そのための命がけの戦略が、そのまま性格の形成につながるのだ』

 「叱られたり、ほめられたりして育った人は、叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ」

 『「よくできたね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう』

 『行動に問題があるとしても、その背後にある動機や目的は、必ずや「善」である』

 「すべての悩みは対人関係の課題である。仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ」

 『人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」。2つ目は「交友の課題」。3つ目は「愛の課題」である。そして後の方になるほど解決は難しくなる』

 「愛の課題とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう」

大切なのは普通の語で非凡なことを言うことである。

誰かが嘘をついていると疑うなら、信じたふりをするがよい。
そうすると彼は大胆になり、もっとひどい嘘をついて正体を暴露する。

虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする


雑誌掲載の六本木OBERONです。
貴女には貴女の歩みがあります。
誰しも人には言えない悩みや不安は誰にでもあります。
不安を抱えたまま生きることは、本来の貴女とは異なった人生を歩む可能性があります。
数年後に後悔するよりは、今受け入れることも必要なこともあります。
是非恋愛・復縁・結婚・出会いで悩むとき、人生や見えないもので苦しむ時、
お越しください、お待ち致します。

【超訳ショーペンハウアーの言葉/白取晴彦/13年3月初版】

大多数の人々は主観的であるため、自分自身以外のものには一切関心がない。したがって、すべてについて自分自身に関連づけて考える。個人的に関わりがあれば、彼らの注意をひき、とらえて離さない。彼らの利益や虚栄心に反すれば、間違っていると見なされる

自分の欠点に気づくには、その同じ欠点を他人が持っているのに気がつき、それを心の中で非難・批判するのが適切なやり方。自分を矯正するには鏡が必要となる

賢明な人は、苦痛や不快感から解放されようと努力し、できるだけ困難に遭遇せずにすむ、静かでゆったりした、つつましい暮らしを求める



<幸福とは>
多くの人にとって、幸福はおおかたの場合、苦しみの終了にしかすぎない。


<幸福は狭さの中に>
自分の幼少時代を思い出してみればすぐわかる。人間関係も行動半径もとても小さかった。にもかかわらず、わたしたちは満ち足りて幸せだった。このことからわかるように、生きる環境が狭くなるほど、関心や利害や知識の範囲が狭くなるほど、わたしたちの苦しみは少なくなり、また満ち足りやすくなる。

暮らしを単純にし、限られた状況の中にいることに甘んじ、それでもなお退屈さを覚えないのならば、人生はずっと軽くなる。


<苦しみにも2つある>
自分の今の苦しみがどういうものであるか、じっくり調べてみることが必要だ。もし願望が満たされない、欲しいものがまだ得られない、やりたいことをまだ十分にできない、という苦しみならば、それは小さな苦しみだ。なぜならば、それは未来に向かって開かれた不安だからだ。そしてまだ希望が無限に隠されている。

大きな苦しみとは、過去に向かって深い穴があいている後悔だ。それはとりかえしがつかないことへのやりきれぬ苦しみだからだ。希望の扉すらすでに閉じられている。癒すのは時間だけである。


<人生の重荷>
重い荷物は船の底に積むものだ。こうすると船が転覆しにくく、安定して航行できるようになるからだ。同じように、わたしたちにも重荷が必要なのだろう。その重荷とは、人生に対するある程度の不安や苦しみ、それから生きていくうえでの困難である。


<苦しみなき生>
まさか、苦しむことなく生きたいと考えたりしてはいないだろうね。苦しみなく生きるというのはまさに矛盾であり、そのようなことはこの世界ではありえないからだ。

どんな人間でも生きている以上、痛い思いをし、苦しむのである。それがまさに生きるということだ。なんの痛痒も感じない状態というのは、おそらく死者の状態であろう。


<眼前の巨大な小石>
小指の先ほどのちっぽけな小石であっても、すぐ目の前にかざすと、それだけで全世界を覆いつくしてしまう。これとまったく同じように、ちょっと空想をしただけで、わたしちの頭はそれで埋まってしまい、手元のことがおろそかになってしまうものだ。しかも、その小石ほどの空想や思いはなかなか頭の外に出ていってくれない。だから、過去や、ささいな事柄を思い出してあれこれ悩まないように。

そうしないと、今すぐにたずさわらなければならない問題や仕事の時間をだめにしてしまう。それは、自分が生きている今というたいせつな瞬間を失うということなのだから。


<本を買う人>
1冊の本を買う。すると、なぜかその本を読むたっぷりとした時間まで手にしたかのように錯覚してしまうものだ。ひどい場合には、その本の内容がまるまる自分のポケットに入ってしまったかのようにさえ思っている。


<喜びすぎず嘆きすぎず>
人生には不意にさまざまなことが起きる。まさかと思われることが他ならぬ自分の身の上に起きる。しかし、どんなことが起きても、異常に喜んだり、あまりにも悲嘆して投げやりになったりしないほうがいい。なぜならば、何事もすぐに、あるいはじきに変化するからだ。

たとえば、自分にとってひどく不都合だと思っていたことがあとになって自分のためになっていたということもある。あれだけ喜んでいた事柄がのちの面倒事の火種になるということもあるからだ。人の判断は誤りやすい。特にその場での判断は誤りやすい。そのことをよく知っておいたほうがいい。


<愚かな自己喪失>
老いてくればわかる。得たものはいつしか失われる。物も、人も、地位も、つながりも、きらめいていたものはみな錆びる。やつれ、消えていく。

そういうことがつらい喪失や絶望に感じられるならば、それらを得るために自分自身を棄ててきたからだ。多くの人はこの愚かな行為に気づいていない。多くの人は世間的に見映えのするものが価値あるものだと思い込んで、それを獲得することに汗水を流してやまない。そうして自分の資質や人格の豊かさに水をあげないのだ。

時を経ても失われずひからびない豊かさは、この自分自身の感性と人格だというのに。


<人生の善>
この人生のよいところとは何か。もしかしたら、人生が短いということではなかろうか。


<成熟>
葡萄も然り、酒も然り、人も然り、成熟するためには相応の時間がかかる。短縮などできない。ただ長い時間を要する。完全で、豊かに、そして気高く思われるほどに成熟するには。


<原因の正体>
人の苦しみの原因も喜びの原因もまったく同じだ。どの場合も、原因は現実にある事柄ではない。頭の中の抽象的な思いが原因になっている。

たとえば、たくさんの金銭をもらったならば嬉しいだろう。その嬉しさはしかし、たくさんのお金でいろんなことができるという抽象的な思いそのものにすぎない。現実として何か喜ばしいことが起きたわけではないのだ。


<偉大なる精神は孤独を好む>
精神が高く豊かな人、才能の秀でている人は、なるべく独りになるように努める。孤独でいる状態を偏屈に好むのではなく、自分だけでいるときにこそ、外部から邪魔されることなく、自分の中にある限りない豊かさを用いて自分の全力を思う存分に発揮できるからだ。つまり、もっとも生産的でいられる状態が孤独なのだ。


<友情の中の自己愛>
どんな友情にも、少なくともいくぶんかの自己愛、あるいは利己愛がひそんでいるものだ。そして、純粋な人間愛も。

もし友達が大きな成功を果たし、そのことについて自分がやっかみを覚えることがあるなら、これまでの友情には自己愛の割合がかなりを占めているのだ。友達が零落したときに、自分が友達を見放すことがあった場合でも。


<世界を読んだ人々>
たくさんの書物を読めば、そのあたりの学者程度にはなれる。つまり学問を食い扶持の手段としている程度の人間にはなれる。

世界に変化や衝撃を与える思想家や天才たちは、学者のようにたくさんの本を読んだ人々ではない。思想家や天才たちというのは、世界という活きた書物を自分の身をもって深く読んだ人々なのだ。


<最高の自然法則>
若く強靭な男たち。その存在の第一の目的とは何か。人間を繁殖させることだ。そのために女性の情熱も燃えあがる。彼らの美しさ、魅力はそのことから発せられる。

性交による繁殖は、大自然がもたらす最大の意志であり、最高の自然法則だ。この法則こそ、他のすべてに優先する。


<誰の人生も同じだ>
しょせん、人間にすぎない。誰もが似たりよったりの生活をしている。個人によってまるでちがうように見えはするが、人の生活の本質などみな同じだ。





サキャ・パンディタ(13世紀チベットの宗教者)語録全8件



「努力なしには、いい畑にも作物は実らない」


「人は長寿を願いつつ、そして老いを恐れる」


「知識があっても、性格の悪い者は捨てる。毒蛇の頭に宝石があっても、賢者は蛇を懐に抱くだろうか」


「忠告は敵を作る」


「怠慢で努力をしない人は、力があってもだめになる。象は力があるけれど、小さな象使いの奴隷である」


「知識をもった人を馬鹿にすると、馬鹿にした人自身に罰が当たる。火を下に向けて持とうものなら 下に向けた人の手を焼くように」


「法と不法を説く賢者は非常に多いけれど、知って実践する人は、世の中にはきわめて少ない」


「立派な人は穏やかさで自他を守るが、劣った人はかたくなさで自他を苦しめる。果実をつけた木は自他を守り、乾いた木は自他を焼く」



Erich Fromm
エーリッヒ・フロム

社会心理学、精神分析、哲学の研究者。ユダヤ系。マルクス主義とフロイトの精神分析を社会的性格論で結び付けた。新フロイト派とされる。代表作「自由からの逃走」ではファシズムの心理学的起源を明らかにし、デモクラシー社会が取るべき処方箋を明らかにしている。主な著書に「自由からの逃走」「愛するということ」などがある。

国: ドイツ(フランクフルト・アム・マイン)
生: 1900年3月23日
没: 1980年3月18日(享年79歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

・頑張れる言葉 ・短い英語名言 ・かっこいい英語名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全166人)


名言・格言集(英語&日本語)

(P. 2 3 )

Page: 1

愛においては、二人が一人になり、しかも二人でありつづけるというパラドックスが起きる。

※パラドックス:矛盾のようで正しい説、一見正しく見える矛盾した言葉

In love the paradox occurs that two beings become one and yet remain two.

権力欲は強さでなく弱さに根ざしている。

The lust for power is not rooted in strength but in weekness.

未熟な愛は言う、「愛してるよ、君が必要だから」と。成熟した愛は言う、「君が必要だよ、愛してるから」と。

Immature love says: “I love you because I need you.” Mature love says: “I need you because I love you.”

自分自身を信じている者だけが、他人にたいして誠実になれる。

Only the person who has faith in himself is able to be faithful to others.

一人でいられる能力こそ、愛する能力の前提条件なのだ。

The ability to be alone is the condition for the ability to love.

人生において人がなすべき主な仕事とは、自分自身を誕生させることである。可能性としての自分を実現することである。人の努力のもっとも重要な成果とは、その人自身のパーソナリティである。

Man’s main task in life is to give birth to himself, to become what he potentially is. The most important product of his effort is his own personality.

現代人は、ものごとを急いでしないと、何か、つまり、時間を損したような気持ちになる。しかし、時間つぶし以外には、浮かせた時間をどう使っていいのかは分からないのである。

Modern man thinks he loses something ? time ? when he does not do things quickly. Yet he does not know what to do with the time he gains ? except kill it.

愛は、人間の実存という問題への、唯一の健全で満足のいく答えである。

Love is the only sane and satisfactory answer to the problem of human existence.

愛は技術だろうか。技術だとしたら、知識と努力が必要だ。

Is love an art? Then it requires knowledge and effort.

過去の危険は、人間が奴隷になることだった。未来の危険は、人間がロボットになるかもしれないことだ。

The danger of the past was that men became slaves. The danger of the future is that men may become robots.

二人の人間は、自分の交換価値の限界を考慮したうえで、市場で手に入る最良の商品を見つけたと思ったときに、恋に落ちる。

利己的な人は、自分を愛しすぎるのではなく、愛さなすぎるのである。いや実際のところ、彼は自分を憎んでいるのだ。




オスカー・ワイルド

詩人、作家、劇作家。耽美的・退廃的・懐疑的だった19世紀末の旗手のように語られる。多彩な文筆活動をしたが、男色を咎められて収監される。オスカー・ワイルドの文業と生きざまは、世界中に影響を及ぼした。日本でも森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎らがワイルドを意識したと言われる。

国: アイルランド(ダブリン)
生: 1854年10月16日
没: 1900年11月30日(享年46歳)

※ 人物詳細をWikipediaでチェック!

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)

★ 名言+Quotes の人気コンテンツ!

・頑張れる言葉 ・短い英語名言 ・かっこいい英語名言 ・元気が出る言葉 ・人生が辛い ・感動する言葉 ・偉人の名言(全166人)


名言・格言集(英語&日本語)

(P. 2 3 4 5 )

Page: 1

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

There are only two kinds of people who are really fascinating ? people who know absolutely everything, and people who know absolutely nothing.

人は自分の最も悪い習慣でさえ失うことを残念がる。おそらく、最も残念がるだろう。なぜなら、それこそがその人の人格の本質的な部分であるからだ。

One regrets the loss even of one’s worst habits. Perhaps one regrets them the most. They are such an essential part of one’s personality.

経験とは、誰もが自分の過ちにつける名前のことだ。

Experience is the name everyone gives to their mistakes.

誰でも友人の悩みには共感を寄せることができる。しかし友人の成功に共感を寄せるには優れた資質が必要だ。

Anybody can sympathise with the sufferings of a friend, but it requires a very fine nature to sympathise with a friend’s success.

大衆とはすばらしく寛容だ。天才以外のすべてを許す。

The public is wonderfully tolerant. It forgives everything except genius.

楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴をみる。

The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.

一貫性というのは、想像力を欠いた人間の最後のよりどころである。

Consistency is the last refuge of the unimaginative.

ほとんどの人々は他の人々である。彼らの思考は誰かの意見、彼らの人生は模倣、そして彼らの情熱は引用である。

Most people are other people. Their thoughts are someone else’s opinions, their lives a mimicry, their passions a quotation.

人が恋をする時、それはまず、自己を欺くことによって始まり、また、他人を欺くことによって終わる。

When one is in love, one always begins by deceiving one’s self, and one always ends by deceiving others. That is what the world calls a romance.

男女の間では友情は不可能だ。情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、友情はない。

Between men and women there is no friendship possible. There is passion, enmity, worship, love, but no friendship.

人生は複雑じゃない。私たちの方が複雑だ。人生はシンプルで、シンプルなことが正しいことなんだ。

Life is not complex. We are complex. Life is simple, and the simple thing is the right thing.

生きるとは、この世でいちばん稀なことだ。たいていの人は、ただ存在しているだけである。


To live is the rarest thing in the world. Most people exist, that is all.



結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京結婚ができる出会いと恋愛相談と占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京占い東京